相続税手続きQ&A TOP

このサイトについて

日本国民には、様々な税金を支払う義務があります。(納税の義務)
その中の一つに「相続税」という税金の種類があります。
名前は知っているけど、結局のところ相続税ってどんな税金なの?と思っている方もいるのではないでしょうか?
たぶん、ほとんどの方が詳しく説明できないと思います。

相続税とは簡単にまとめると「親族などが亡くなったことで、財産をもらったときに発生する税金」です。
この財産については遺言状の有無などで金額が変わったり、財産を相続出来ない場合があるので注意が必要です。

なぜ相続税がかかるかというと…
この時に得た財産は不労所得であるためです。
勤労などで得た給与とは違い「偶然に得た」ものであることと、特定の人に財産が集中することを抑えるために相続税という物があります。

では相続の時期はいつからか?
これは被相続人(亡くなった人)が亡くなったその瞬間から相続が発生します。
死亡届や手続きをした後から相続発生と勘違いしている人が多いので、注意が必要です。

ちなみに、相続の対象となる「相続財産」は、現金以外にも土地なども含まれます。
これを全て調査して、手続きなどをし、誰にどのくらい財産を与えるか話し合いをします。
それから相続税の計算に入るということになりますね。

簡単に相続税について書いてみましたが、「被相続人が亡くなった瞬間から相続開始」というのは、知らない人が多かったのではないでしょうか?
相続税の申告には期限がありますので、これを知っておかないと後で大変なことになりますよ。
 

    相続税についてしっておこう

    おすすめ情報

    Copyright(C) 相続税手続きQ&A All Rights Reserved.